マリーン及び固定側エンジン

信頼されるグローバルリーダーがお届けする筒内圧センサ - 正確性、高精度、優れた費用対効果

大型エンジンのモニタリングで重要な要素が1つあるとすれば、それは筒内圧です。コスト効率が良くかつ安全なエンジン動作の基盤となる最適化を維持するうえで重要な燃焼プロセスについて、信頼性の高い情報を得るには、筒内圧を継続的に計測することが唯一の方法となります。この重要な計測には、排ガス規制を確実に順守するため、高い耐久性と信頼瀬の高い最新技術が必要です。そこで、キスラーの計測技術を選択することが安全策となります。キスラーのセンサと計測チェーンは品質が高く、取扱いが簡単です。これらの製品により、安定した持続的サービスを提供し、柔軟な日常保守を実現することができます。

マリーン及び固定側エンジン
連続モニタリング

キスラーの堅牢な圧電センサと計測チェーンは、大型エンジンの継続的な運用モニタリングで高精度のデータを提供します。キスラーのシ筒内圧計測の長い経験に裏打ちされたこれらの製品は、燃料消費低減を始めとする様々な用途で信頼性の高いデータベースを実現します。キスラーのセンサ技術により、問題点は早期に検出され、燃焼プロセスの制御は常に最適化されます。

マリーン及び固定側エンジン
オフライン - エンジン診断

筒内圧計測は、2 ストロークおよび 4 ストロークエンジンのモニタリングで重要な役割を担い、他のどのパラメータよりも重要な情報を提供します。この情報は、保守間隔の最適化、損傷の早期検出、排ガス規制の確実な順守、燃料消費の低減などを始めとする、非常に幅広い目的で使用できます。