エンジンの研究開発

キスラーの筒内圧指図技術 - 高精度測定、問題解決に寄与、優れた費用対効果

クランク角の引数としての筒内圧は、エンジンの開発において何よりも重要な計測変量です。筒内圧の指標により、燃焼プロセス、気化、およびエンジンガス交換を解析できるようになり、研究開発のためのエンジンパラメータの評価と比較が可能になります。この解析は、効率と出力の向上、快適性の改善、排ガスの低減を目的としています。50 年を超える経験に基づき、キスラーは筒内圧およびガス交換計測用センサ技術の世界的なマーケットリーダーとして、最高品質のソリューションを提供します。

エンジンの研究開発
試験台用シリンダ内圧表示

筒内圧、クランク角、吸気/排気ガス圧を正確に計測することは、エンジンの開発において非常にに重要な要素です。キスラーは、水冷および非冷却型圧電筒内圧センサから、超小型圧力センサを内蔵した計測用スパークプラグおよび測定グロープラグのアダプタまで、様々な用途に対応する燃焼解析技術の包括的なポートフォリオを提供します。ガス交換計測および噴射圧計測向けのピエゾ抵抗型絶対圧力センサは、デジタル式の温度補償機能を備え、最高レベルの精度を保証します。キスラーの高性能製品には、KiBox および SCPと言った信号処理システムも含まれます。幅広いインタフェースにより、計測結果を他の機器に簡単に送信することができます。

エンジンの研究開発
モータースポーツ

今日のレーシングカー開発では、非常に厳しい要件を満たすため、膨大な数の信号計測や信号処理が必要です。あらゆるシステムの設計と統合を完璧に実行し、運転時において常ににトップパフォーマンスを維持できなければ、最大限の効率を実現することはできません。キスラーのコンパクトな圧力センサは、最小限のスペースで、信頼性に優れた最高レベルの信号品質を保証します。カスタマイズされた車載型ソリューションは、問題の早期発見をサポートし、さらにエンジン性能の最適化や様々な種類のシステムのモニタリングを可能にします。

エンジンの研究開発
可動式シリンダ圧力表示

50 年以上にわたり、キスラーはエンジン開発における革新的な用途志向の計測システムをリードしています。弊社のエンジン燃焼解析の包括的な製品構成に含まれる KiBox は、オンボードまたはテストベンチでの使用を想定して特別に設計されています。KiBox は、時間ベースまたは角度ベースの筒内圧や重要な特性データなど、エンジン開発に必要な燃焼プロセスの詳細な情報を提供します。計測データは計算と同時に出力され、リアルタイムに記録されます。この情報は、出力性能、効率、排気、快適性の観点から燃焼の質についての実態を明らかにします。