接合モニタリング - 圧入工程を常にコントロール

キスラーの圧入プロセスモニタリング用の計測システムは、水力式、流体圧式、空気式、または電動式のプレスシリンダと組み合わせて使用されます。これらのシステムにより、力計測を圧入工程に統合することができます。一般的アプリケーションの例には、ボールベアリングの圧入やトランスミッションのドライブシャフトへのギアの圧入などが挙げられます。さらに、高度なモニタリングシステムにより、工程を視覚化してモニタリングすることができます。プレスシリンダにセンサ技術を直接組み込むだけでなく、C フレームやツールホルダに間接的に取り付けるオプションも利用できます。 キスラーの圧入モニタリングの利点:

  • インプロセスの直接計測
  • プロセス評価が統合されたソリューション
  • 柔軟な組み込み
  • 計測データを追跡可能
  • 圧入工程を 100% コントロール

キスラーは、正確でプロセス統合された圧入工程のモニタリングを実現します。是非弊社にお問い合わせください。

お問合せ
Sales Center Japan
Sales Representative
利点

品質管理
工程の信頼性を向上
生産性を向上
リソースを最適化
製品を簡単に統合可能

Services

Our experts are happy to assist and advise.

Application-focused know-how – from the very start.

Quick assistance for optimum operation.

Precise measurements for the entire life of the sensor.