成形工程のモニタリング - パンチング加工プロセスを常時コントロール

鋼板のパンチング加工において高品質の維持を実現するためには、その製造プロセス全体をコントロールすることが重要です。キスラーの水晶圧電式センサの使用方法には、力を直接的に測定する方法と歪量などから間接的に力を測定する方法の2つがあります。これらの方法で得られた力は、最新の監視システムによっての経時変化の曲線を視覚化すると共に監視することができます。監視結果は、監視システムのインタフェースより出力されますので、その結果を基に製造装置を制御することも可能になります。

キスラー製品を用いたパンチング加工プロセス監視の利点:

  • 高速なプロセスに最適
  • 耐過負荷に優れたセンサ
  • コンパクトながら大きな測定範囲
  • 既存の装置などへのセンサ組込みが容易
  • 金型の破損などを検知可能

 パンチング加工プロセスの監視をお考えの方は、是非とも弊社までお問い合わせください。

お問合せ
Sales Center Japan
Sales Representative
利点

品質管理
工程の信頼性を向上
生産性を向上
リソースを最適化
製品を簡単に統合可能

サービス

Precise measurements for the entire life of the sensor.