成形プロセスモニタリング

成形プロセスモニタリング - キスラーならではの精度と信頼性

成形加工プロセスの監視および制御は、自動車、消費財、医療技術、包装、電子機器などさまざまな分野における生産を効率よく行う上で、ますます重要となってきています。圧電センサ技術や監視システムなどの製品を供給するキスラーは、これらの要求に対するさまざまなソリューションを提案します。キスラーの提供するセンサは、さまざまな成形加工装置に組込むことが可能で、製品の不良率ゼロの追求に貢献します。

成形プロセスモニタリング
パンチングプロセスモニタリング

鋼板のパンチング加工において高品質の維持を実現するためには、その製造プロセス全体をコントロールすることが重要です。キスラーの水晶圧電式センサの使用方法には、力を直接的に測定する方法と歪量などから間接的に力を測定する方法の2つがあります。これらの方法で得られた力は、最新の監視システムによっての経時変化の曲線を視覚化すると共に監視することができます。監視結果は、監視システムのインタフェースより出力されますので、その結果を基に製造装置を制御することも可能になります。

成形プロセスモニタリング
深絞りプロセスモニタリング

深絞り加工による金属シートの成形においては、油圧プレスやサーボプレスなどが多く使われています。キスラーの水晶圧電式センサにより得られた加工力を基に、金型などにおいて発生する摩耗の検知や製品の品質を正確に監視することができます。キスラーの水晶圧電式センサは、プレス機のコラムや金型などに取付けて使用されています。プレス力とラムの変位との関係は、データの可視化機能を備えた最新の監視システムでモニタリングすることができます。

成形プロセスモニタリング
破断分割(かち割り)プロセスモニタリング

ボールベアリングを挿入するタイプの分割式コネクティングロッドにおいては、その分割面の破断分割加工に高い精度が求められます。最適な分割面の加工精度を実現するためには、プロセスの包括的な監視が必要となります。キスラーの水晶圧電式センサと監視システムは、分割面の破断分割加工の精度維持に貢献します。