プラスチック

世界のマーケットリーダーが提供する型内圧測定 - 製造における不良品ゼロの実現

100% の品質保証による不良品ゼロの製造は、自動車部品や医療技術から電子機器におよぶ様々な部門のあらゆる射出成形作業の究極目標です。この目標を達成するには、信頼性の高いプロセスコントロールが鍵となります。キスラーの圧電センサとシステムがそのソリューションとなります。これらの製品は射出成形プロセスにおける型内圧を計測および分析し、プロセスをモニタリングして不良品を選別します。これらのシステムは、使用する射出成形機、成形品、周辺機器にかかわらず、射出成形プロセスコントロールを行い、ホットランナシステムのキャビティバランスを最適化します。また、関連するすべての品質データは文書化されます。

プラスチック
プロセス制御の射出成形

プラスチック射出成形で業界標準を満たすには、型内圧計測を正確に行い、コスト効率の良い品質保証を実現する必要があります。キスラーの型内圧計測では、実測から型内圧の包括的な文書作成まで、幅広いアプローチが可能です。圧電センサを使用する成形モニタリングにより、不良品は成形終了直後に検出されるため、不良品流出を回避できます。

プラスチック
複合材成形プロセス制御

軽量構造部品製造を成功させるためには、炭素繊維強化複合材料(CFRP)の加工を最適化する必要があります。樹脂トランスファー成形(RTM)工程は、大規模な工業生産において、コスト効率に優れた軽量構造部品製造の可能性を持っています。RTM工程を実現し、必要な安定性を確保するには、初期のモールド射出を含むキャビティ内圧の包括的で信頼性の高いモニタリングが必要になります。キスラーの圧電およびピエゾレジスティブセンサとチャージアンプは、型内圧の正確な計測を実現します。