締結部材を分析するための研究開発用システム

組立てに用いるねじおよびナットの定量的な特性は、ねじ締結の品質に直接的な影響を与えます。機能テストは、組立工程で使用される最も重要な分析方法です。これにより、品質を保証することができるよう、締結部材の機械的な特性や機能を評価するテストが重要となってきます。研究開発用システムは摩擦係数、軸力、締付けトルクなどのデータを同時に得ることが出来ます。このシステムには、国際規格の遵守が求められており、それを実現しています。

研究開発用システムの利点:

  • 国際規格を遵守したテスト、および実際の組立てと同様な条件下でのテストが可能
  • ねじの取付特性を確認,機械的・機能的特性のテストおよび実地試験用
  • 摩擦係数、軸力、トルクの分析および評価

連結部材の分析に関してご不明の点がございますか?お気軽に当社までお問い合わせください。

お問合せ
Kistler Japan Co., Ltd.
Sales Representative