キスラー圧力センサでガスタービンモニタリング

希薄な乾式低NOx燃焼は不安定になる可能性が高いプロセスと特徴付けられています。エンジン全体の状態を圧力変動でモニタリングするという方法によって、燃焼の動きを制御することができます。キスラー圧力計により、コンバスターの測定が直接でき、信頼性の高い成果がもたされます。キスラーのモジュール式センサポートフォリオは、厳しいATEX指令に基づいて認定されたExバージョンを含むさまざまなセンサで構成されています。

キスラーガスタービンモニタリング製品のメリット:

  • 超高温耐性(700℃)
  • 厳しい環境に対応する極めて耐久性の高いセンサ
  • 干渉に対する耐性(EMI、RF)
  • 質の高い信号(信号雑音比)
  • 過渡時でも信頼性の高い測定(焦電効果、蒸気爆発現象無し)
  • さまざまな形状で実装しやすいモジュール式センサ設計
  • センサ測定の完全連鎖
  • 一般的な爆発防止要件に準拠(Ex認定)

キスラーのガスタービンモニタリング製品の詳細をお求めですか お気軽にご相談ください。 

お問合せ
Sales Center Japan
Sales Representative
利点

燃費効率向上

排気ガス低減

維持費低減

エンジン寿命を延長

機能の停止/中止の防止

ATEX準拠

可能な限り既存のエンジンに後付け

サービス

Our experts are happy to assist and advise.

Precise measurements for the entire life of the sensor.