熱音響デバイス

高温環境の熱音響現象の測定

キスラー測定システムは、最高で700℃までの厳しい高温環境において熱音響現象を測定できます。

ガスタービンやその他のターボ機のモニタリング、連続燃焼エンジンのR&D、パイプ内の圧力振動のモニタリングと制御、および音響温度測定などの用途があります。耐久性の高いキスラーの圧電センサは、PiezoStar® KI100水晶材の専有技術に基づいて、最高700℃の温度に対応するものとして特別に開発されました。

完全差動測定システムは、電磁干渉に反応せず、音圧レベルが低い場合でも音圧を測定できます。キスラーのモジュール式ポートフォリオは、ATEX指令に基づいて認定されたExバージョンを含むさまざまなセンサで構成されています。そのため、あらゆるアプリケーションシナリオに応じた最適ソリューションをお届けすることができます。

熱音響デバイス
ガスタービン・モニタリング

キスラーの測定システムは、最高で700℃までの厳しい高温環境において熱音響現象を測定できます。