切削力測定:加工工程の分析と最適化

複雑化を増す形状や難削材の切削加工では、加工工程の工程設計が、より複雑になります。切削力を測定することで、工程設計の品質および効率を検証し、最適化することができます。キスラーの切削力センサーで切削加工工程で発生する力およびモーメントを直接測定することができます。キスラーの全ての動力計の基本である圧電技術により、工具の各刃先にかかる力の計測といった高い動的測定が可能となります。

加工工程の分析と最適化のためのキスラーの切削力測定アプリケーション

  • 切削加工工程の分析と最適条件の決定
  • 加工法の比較および開発
  • 加工不具合の同定
  • 工具の余裕度の検知 – 寿命と生産性
  • 工具の材料ロット違いによる影響の検証

圧電式測定技術がもたらすメリット

  • 高い剛性と高い固有振動数により各刃先にかかる力の分析が可能
  • 3成分の力とモーメントの測定
  • ミクロ切削から重切削まで対応する幅広い測定レンジ
  • 堅牢かつ高い耐油性 (IP67)
  • コンパクトな設計による容易な設置と取扱い性
  • 優れた耐久性

加工工程

  • 旋削、ミリング、ドリル、タッピング、ブローチ加工、ホビング等々
  • 研削、ホーニング、研磨等々
お問合せ
Sales Center Japan
Sales Representative
サービス

Our experts are happy to assist and advise.

Original parts for reuse with Kistler quality.

Precise measurements for the entire life of the sensor.