キスラーの圧力センサ測定

キスラーの製品群には、圧力測定用の様々な圧電式センサおよびピエゾレジスティブセンサが含まれています。

豊富なセンサのラインアップが、幅広い用途に最適なソリューションを提供します。圧電式センサは、高い固有振動数を有しており、動的な圧力測定を必要とする様々な用途に使用できます。そして圧電式センサのもう1つのユニークな特長は、大きな静的圧力に重なる小さな圧力変動を最高の分解能で測定できることです。

圧電式センサとは対照的に、ピエゾレジスティブセンサは、静的な圧力曲線の測定に適しています。

圧電式圧力センサ 

  • 非常に動的、および動的、準静的な圧力曲線の測定
  • 大きな静的圧力に重なる小さな圧力変動(圧力パルス)を最高の分解能で測定可能 
  • 1 台の圧力センサで、mbar(ミリバール)単位から10 kbar(キロバール)までの幅広い測定範囲に対応
  • 非常に短い立ち上がり時間(1µs)、および非常に高い固有振動数(500 kHz) 
  • 極低温から350℃までの非常に広い温度範囲 
  • 非常にコンパクトなセンサ設計 
  • 電荷(PE)または電圧(IEPE)出力

ピエゾレジスティブ圧力センサ 

  • 静的および準静的圧力の高精度な測定 
  • -40℃ から 200℃までの非常に広い温度範囲 
  • 小型センサ設計(例:M5) 
  • アンプ一体型 
  • オプションの ATEX 認証 
  • 電圧(mVまたはV)および電流(mA)

お客様のニーズにあった最適なソリューションをご提供します。ご質問やご要望は弊社までお問い合わせください。