キスラーのトルクセンサ

大学や産業界での基礎研究や品質モニタリングにおいて、キスラーのトルクセンサは、駆動系、トランスミッション、ポンプの出力係数と摩擦係数を一貫した精度で明確化します。 

ひずみゲージの技術は、回転シャフトの測定だけでなく、動的および静的な長時間測定においても、安定したソリューションを提供します。最高レベルの精度、非常に堅牢な構造設計、高温下での安定性により、キスラーのひずみゲージ技術は、非常に高いレベルの要求にも対応できます。 

キスラーの圧電式リアクショントルクセンサは、優れた過負荷容量、高い信号分解能、および広い周波数範囲などの利点を備えています。これらのセンサは、困難な条件下での、形状、温度範囲、または動的特性のタスクを測定するのに最適です。

回転式トルクセンサ 

  • 静的な長時間の測定および動的測定に対応した回転式ひずみゲージトルクセンサ
  • 0.02 から最大 20,000Nm までのトルク範囲および最高 50,000 1/分までの速度
  • 0.05% 未満の最高レベルの精度
  • 非接触式のデータ転送のため、メンテナンスフリー
  • すべてのセンサに DAkkS 認証校正機器を装備

リアクショントルクセンサ 

  • 準静的および動的測定に対応した固定式の圧電式リアクショントルクセンサ
  • 1 ~最大 1,000Nm までのトルク範囲
  • ごくわずかなトルク変動に最適
  • 高い過負荷容量による堅牢性
  • 取付けが容易

キスラーはあらゆるトルク測定に最適なソリューション提供します。ご質問やご要望は弊社までお問い合わせください。