キスラーの加速度センサおよびアコースティックエミッションセンサ

キスラーの製品群には、常に最も高い要求の用途に対応し、かつ信頼性の高い結果を提供する、様々なタイプの 1 軸および 3 軸加速度センサが含まれています。  

非常に高い周波数特性を定期的に測定するには、小型圧電式加速度センサが最適です。代表的な用途例として、宇宙空間での負荷における環境試験や、自動車分野での解析またはモーダル解析における騒音、振動およびハーシュネス(NVH)試験などが挙げられます。  

静的または低周波数特性を対象とする用途では、MEMS 可変静電容量加速度センサが最適です。MEMS 可変静電容量加速度センサは、自動車および鉄道分野の耐久試験、航空分野のフラッタ飛行試験、鉄道の振動監視や橋梁構造監視などでの超低周波数測定に使用されています。

アコースティックエミッションセンサを使用すると、金属面の弾性波を最大 1MHz まで測定可能です。これらセンサは、非破壊検査や恒久的なオンラインモニタリングに使用することができます。  

振動する被検査物での測定に使用する回転型加速度計、およびモーダル解析に使用するインピーダンスヘッドならびにインパクトハンマーなど、特別な用途に対応する製品もご用意しています。

圧電式加速度センサ 

  • 電荷(PE)または電圧(IEPE)を出力する、1 軸および 3 軸加速度センサ 
  • 0.5Hz から 12kHz (+/-5%)までの測定 
  • 3 つの直交方向にスタッド部品で取付けできるユニークな 3 軸加速度センサ 
  • セラミックを応用した圧電式加速度センサ:   
    - 超低ノイズ、軽量のセラミックを応用した小型軽量センサ   
    - 最高 250℃までの高温用途に対応した PE ソリューション 
  • クオーツまたは PiezoStar® 水晶を応用した圧電式加速度センサ:   
    - -196℃ から 250℃までの動的な温度変化に対応した PiezoStar® 水晶による高い温度安定性   
    - 高い剛性、高い共振周波数による幅広い周波数域   
    - 長期安定性

MEMS 可変静電容量加速度センサ 

  • 1 軸 および 3 軸 MEMS 加速度センサ 
  • 0Hz(DC)から 1kHz (+/-5%)までの測定 
  • ユニポーラまたはバイポーラ出力、シングルエンドまたは差動出力 
  • 温度安定性および長期安定性

アコースティックエミッション測定チェーン 

  • 50kHz から 1MHz までの高表面波エネルギーの測定 
  • 最高 165℃までのアコースティックエミッション測定 
  • 危険な環境で使用するための ATEX/CSA 認証をオプションとして提供  

キスラーは臨界条件下においても高精度な加速度測定を提供します。ご質問やご要望は弊社までお問い合わせください。