キスラー WIM トラック重量計測 – 産業用資材の重量を表示する

多数のトラックの重量をコスト効率に優れた方法で計測するソリューションは、コンクリートプラント、鉱山および港湾をはじめとする多くの産業施設で必要とされています。このような施設では、トラックの計量は主に2つのことを目的として行われます。1つは、産業用資材を重量ベースで表示すること。もう1つは、車軸重量および総重量を確認することによって過積載を防ぎ、多額の罰金が科せられる危険を回避することです。キスラーの OIML 認定取得 WIM データロガーとLineas® 水晶圧電式センサは、速度に関係なく、トラックを停車させることなく重量を計測できます。

これにより、従来の計量台と比較して多くの利点が生まれます。毎時トラック数百台におよぶ交通流率(フローレート)を実現できる一方で、重量ベースの表示を行うための法に準拠した取引データを作成できます。キスラーでは、最先端の産業用重量計測を可能にする 、WIM システムのセットアップに必要な主要装置すべてを含めた、WIM 完全パッケージをご提供しています。

キスラーの走行車両重量計測(Weigh-In-Motion)装置の利点:

  • OIML R134 認定を受けた装置により、法に準拠した重量計測が可能
  • 独自の水晶圧電式測定技術により最高精度を実現
  • 港湾、プラント、鉱山などでの設置も迅速に作業等の中断を最小限に
  • メンテナン不要長期間にわたる連続使用でもメンテナンスが不要
  • 密閉・完全埋め込み型のセンサで、粉塵や石などの影響を受けない
  • RFID トランスミッターまたは LPR カメラの統合が容易

 トラックの重量をより効率的に、より高精度で計測しませんか?ぜひ当社までお問い合わせください!

お問合せ
Sales Center Japan
Sales Representative
利点

効率の高い重量計測プロセスで計量中の停車が不要

OIML 認定済みで重量ベースの請求が可能

フリート管理に対応する重量データを提供

投資を短期間で回収

使いやすい重量計測データ管理