正確で効率的: キスラーによる重量ベースの料金徴収

キスラーの WIM 機器を使用した重量ベース料金徴収ソリューションは、インフラ費用を確保するための追加収益の創出に役立つと同時に、公平な道路料金設定をサポートします。「汚染者負担」の原則に基づき、有料道路の使用料金は、車両が引き起こす摩耗に比例する必要があります。これは、舗装の損傷が車軸荷重によって大幅に増加することを根拠に、車両の実重量に従って使用料金を課すことを意味します。キスラーの WIM システムはさらに、荷重制限違反に対してその場で制裁措置を取る、または過積載車両による橋や道路の利用を禁止するための選択肢を提供します。弊社の完全自動計測システムは、重量ベースの料金徴収のために、信頼性の高いリアルタイムのデータを提供します。 料金徴収向におけるキスラーの WIM 機器の利点:

  • あらゆる速度において正確で信頼性の高い車両重量計測
  • 耐久性が高く保守の不要な Lineas® クオーツ WIM センサ
  • 素早い取付けで交通の流れを最適化できる
  • 手動または自動のあらゆる料金徴収システムと簡単に統合可能
  • 低~中程度の速度の重量計測で OIML R-134 認証を取得

信頼性の高い手動または完全自動の WIM および料金徴収システムをお求めの方は、是非弊社にお任せください。

お問合せ
Kistler Japan Co., Ltd.
Sales Representative
利点

利用料金の公平な割り当て
売上げを向上して道路保守費用を確保
荷重制限違反への制裁措置
過積載車両の利用を禁止してインフラを保護