ウェイトインモーション(動的重量測定)

信頼できる交通データ - キスラーの活荷重計測(WIM)機器

舗装の損傷は、軸重の上昇に応じて飛躍的に増加します。交通負荷の情報は、道路のインフラストラクチャの保護、交通安全の向上、道路設計の最適化に役立ちます。キスラーの活荷重計測(WIM)機器は、交通の流れに影響を与えることなく、自動式のリアルタイム交通モニタリングを可能にします。独自の Lineas® クオーツ WIM センサと Kistler WIM Data Logger を組み合わせることで、交通量、軸重、および車軸荷重について信頼性の高いデータが得られます。これらの技術は、交通データ収集から重量取締や料金徴収まで、世界中で様々な用途で使用されています。Lineas® クオーツ WIM センサ搭載の Kistler WIM Data Logger は、低~中程度の速度の重量計測で OIML R-134 認証を取得しています。

ウェイトインモーション(動的重量測定)
交通量調査

あらゆる課題を克服する優れた機能性: Lineas® クオーツ WIM センサと信頼性の高い Kistler WiM Data Logger を使用した活荷重計測システムは、リアルタイムの交通モニタリングのための柔軟性の高い選択肢を提供します。これらのシステムにより、インフラ計画の向上、道路保守の最適化、交通量の強化が可能になります。さらに、キスラーの高精度クオーツ水晶センサにより、悪天候条件や高速走行にも対応できます。 交通データ収集におけるキスラーの WIM 機器の利点

ウェイトインモーション(動的重量測定)
規制関連の重量測定

過積載車両は他の道路利用者に危険をおよぼすだけでなく、道路や橋に生じる損傷の大部分の原因になります。キスラーの活荷重計測(WIM)機器を使用した取締システムは、過積載車両をリアルタイムで検出するための合理的な方策を提供します。これにより、交通安全を向上し、運送会社の不正な競争を防止すると同時に、積載制限の取り締まりをより効率良く実行できます。さらに、キスラーの WIM システムは、インフラ計画のための貴重なデータを収集し、道路保守関連の公共支出の削減に役立ちます。 重量取締のためのキスラーの WIM 機器の利点

ウェイトインモーション(動的重量測定)
料金収受

キスラーの WIM 機器を使用した重量ベース料金徴収ソリューションは、インフラ費用を確保するための追加収益の創出に役立つと同時に、公平な道路料金設定をサポートします。「汚染者負担」の原則に基づき、有料道路の使用料金は、車両が引き起こす摩耗に比例する必要があります。これは、舗装の損傷が車軸荷重によって大幅に増加することを根拠に、車両の実重量に従って使用料金を課すことを意味します。キスラーの WIM システムはさらに、荷重制限違反に対してその場で制裁措置を取る、または過積載車両による橋や道路の利用を禁止するための選択肢を提供します。弊社の完全自動計測システムは、重量ベースの料金徴収のために、信頼性の高いリアルタイムのデータを提供します。 料金徴収向におけるキスラーの WIM 機器の利点

ウェイトインモーション(動的重量測定)
産業用トラック重量計測

効率的なトラック重量計測を実現するキスラーの動的重量計測(Weigh-In-Motion)ソリューションで、重量ベースの産業用資材の請求や、車軸および総重量の確認が可能になります。