Kistler offers a broad portfolio of measurement technology for nuclear power plant monitoring.

原子力発電所の監視

原子力エネルギーは、1948年に初めて電球に電力を供給するために使用されました。今日、原子力発電所は世界の発電量の約14%を生成しています。キスラーの測定技術は、この分野で重要な役割を担っています。例えば、空気中、静水および加圧水中の流動励起振動(FIV)を監視するためのセンサを提供しています。蒸気発生器、炉心および配管のFIV試験用のセンサが設置されています。

様々な試験に使用できるシステム

一般に、動圧センサと動的な力センサ、防水加速度計は、原子力発電所の監視に使用できます。その他の用途には、配管システムの振動速度と圧力の監視、部品緩み監視システム(LPMS)、核燃料棒保持システムのトライボロジー試験、安全弁試験、炉心溶融物滴下試験、加圧水型原子炉の振動疲労を防ぐための定期的な調査が含まれます。

お問合せ
Max 25 MB