Protect your precious infrastructure with civil engineering monitoring solutions from Kistler.

土木技術監視ソリューション:重要な構造物の保全に寄与

交通の要路や橋、さらに歴史的建造物などの重要なインフラ/構造物は、対象物の構造健全性と状態を評価するために継続的な監視を行うことで、その価値を保つことができます。キスラーは、経年による材料特性の変化を把握するために、構造やシステムを継続的に監視する測定システムを提供しています。

キスラーの測定技術を活用すれば、損傷を早期に検知し、コストのかかる修理、さらに損壊も回避できるようになります。土木技術を監視し、構造健全性を評価するために正確なデータを駆使し、貴重な構造物の長寿命化に繋げて下さい。

利点

高精度と高品質

特定の用途に対応したフルオートシステム

オープンなエコシステムの一部となるカスタムソフトウェアソリューション

実験室モデリングだけでなく、実際の構造の監視にも活用可能

モーダル解析によって固有振動数と変形形状を把握

モーダル解析用加速度センサ「K-Beam」でデンマークにあるグレートベルト海峡橋の橋梁を監視


デンマークにあるグレートベルト海峡橋の橋梁を監視するために、連結部のスタッドにキスラーの加速度センサ「K-Beam」が設置されています。この加速度センサで、橋の劣化の兆候を示す固有振動数の変化を検知することができます。

モーダル解析用加速度センサ「K-Beam」でデンマークにあるグレートベルト海峡橋の橋梁を監視

キスラーの加速度計と遠隔測定用DAQシステムでギリシャにある世界遺産の修道院を監視


ギリシャ共和国の中央ギリシャ地方は、地震がよく発生する地域です。この地域にある世界遺産のオシオス・ルカス修道院の構造健全性をキスラーの加速度計「K-Beam」で監視しています。これらの加速度計は、すべてアテネから遠隔測定することができる集中DAQシステムに接続されています。

キスラーの加速度計と遠隔測定用集中DAQシステムでギリシャにある世界遺産の修道院を監視
お問合せ
Max 25 MB