Structural Health Monitoring and condition monitoring for the energy sector … powered by Kistler

構造ヘルスモニタリングと電力業界向けの状態監視システム

インフラの保全と状態の監視は、安全で持続可能な未来を実現するための重要な要素です。内外の様々な要因が、摩耗や誤作動を引き起こす可能性があるからです。(再生可能な)エネルギー源、送電網と土木構造物の持続的可用性、耐久性と効率性を判断するには、構造ヘルスモニタリングで正確なデータを導き出す測定技術が欠かせません。

キスラーは頼れるパートナーとして、様々な用途に対応した測定技術と特殊なノウハウを通じて皆様をサポートいたします。キスラーのソリューションは、研究・実験でのシミュレーションや、電力業界向けの状態監視のために活用されています。例えば構造ヘルスモニタリングでは、僅かな亀裂や漏れの検知、歴史的建造物の継続的な監視、タービンブレードの構造的挙動の解析が行われています。

構造ヘルスモニタリングのためのカスタムソリューションと電力業界向けの状態監視システム

水力発電所向けとして、キャビテーションの検出、圧力脈動やウォーターハンマのセンサを提供しています。せん断力センサは、風力タービンブレードのモーダル解析に用いられています。石油・ガス業界では配管やバルブの漏れ検出、さらに流体試験と監視にキスラーのセンサを選んで頂いております。原子力発電所では、キスラーのセンサを使用して、空中、静水ならびに加圧水における流動誘起振動の測定と解析が実施されています。また、ガスタービンの運用会社では、キスラーの高温対応技術を活用して燃焼工程の試験と監視を行っています。さらに土木分野では、例えば地震の多い地域にある橋や歴史的建築物の構造的な健全性を判断するために、キスラーのシステムが採用されています。

構造ヘルスモニタリングのためのソリューションと電力業界向けの状態監視システムを是非ご確認ください。詳細については、以下のアプリケーションセクションをご覧いただくか、または日本キスラーまでお問い合わせください。

ガスタービンモニタリング
ガスタービンモニタリング

キスラーの測定システムは、最高で700℃までの厳しい高温環境において熱音響現象を測定できます。

利点

インフラの安全性の向上

ダウンタイムの短縮

早期の損傷の検出

タイミングの良いメンテナンス

運転コストの削減

作業箇所/範囲の最適化

ニュース
2021/04/08
「製造工程の見える化の成功の鍵」と題し、インプロセス測定データの活用に関して解説するウェビナーのご案内です。
2020/09/14
On October 7 and 8, 2020, Kistler will be hosting the vEXPO virtual trade fair for automotive research and vehicle testing.
イベント&展示
お問合せ
Max 25 MB