KiRoad Wireless HDR consists of a WLAN-capable onboard unit and a wheel unit with the rotary encoder.

KiRoad Wireless HDR:世界初のワイヤレス式ホイール6分力計

KiRoad Wireless HDRは、車内に設置するオンボードエレクトロニクスまでの配線作業が不要なホイール6分力測定システムです。遠距離無線伝送機能(遠隔テレメトリ)をベースにしたこのモジュラー式システムは、WLAN対応のオンボードユニット(エレクトロニクス)、ホイールユニットとロータリエンコーダで構成され、ここで取得したデータは、車両の耐久性、動的挙動、タイヤ性能の特性などの試験において特に大きな意味を持ちます。

取り付け作業の軽減+優れた操作性

KiRoad Wireless HDR(高速データ転送)は、WLAN(2.4GHz、無線規格:IEEE 802.11n)を介してデータを伝送します。通信ケーブルがなくてもシステムは完全に機能するため、時間がかかる配線作業を行わずに済むだけでなく、6分力計通信装置の回転止め固定治具を取り付ける作業も不要になります。また、合理化されたデザインによってフェンダーからのはみ出し量を低減できるため、車両の輪郭が変わることもありません。

先進的なデザインを採用し、卓越した使い勝手を実現

KiRoad Wireless HDRには、最大限の効率性と信頼性を発揮できる様々な革新技術が採用されています。交換式バッテリバックは–20°C(冬季の試験など)で4時間以上動作できるほか、CAN、DTI、Ethernetの全てのチャンネルでデジタルデータ出力が可能で、KiCenterソフトウェアまたはブラウザでシステムを設定したり、測定結果を表示させることもできます。

最適化されたロータリエンコーダとホイールユニット

KiRoad Wireless HDRには画期的なロータリエンコーダコンセプトが採用され、テストを開始する前にテストエンジニアがケーブルやコンポーネントを接続する必要がなくなりました。ホイールユニットには演算機能とデータ転送のためのユニットが組み込まれ、防水性を備えた着脱が容易な設計になっているため、セットアップに要する時間や手間も最小限で済みます。

RoaDynシリーズのホイール6分力計への後付けが容易

KiRoad Wireless HDRは現行の全てのシリーズのホイール6分力計に簡単に後付けできるため、お客様は、ワイヤレス式測定システムによるメリットが得られます。すなわちホイールのあらゆる力とモーメントに加えて、ホイールの角度と角速度も測定することができます。このため、導入試験段階のお客様の実際的な試験においてシステムの精度と信頼性を確保できます。

キスラーの長年にわたる経験と知識をベースにしたソリューション

キスラーはホイール6分力計に様々な革新技術を投入し、数々の成功を収めています。RoaDynシリーズのホイール6分力計は、データの転送に近距離無線通信(近接テレメトリ)を採用した初のシステムでした。キスラーのホイール6分力計は業界標準として確立しており、その実績あるホイール6分力計にKiRoad Wireless HDRのコンポーネントは完全に対応しています。

利点

ワイヤレス式車両試験

WLANを介しデータ送信を行う遠距離無線伝送機能(遠隔テレメトリ)

セットアップに要する時間と手間が最小限

すべてのRoaDynホイール6分力計に対応

キスラーの経験と専門知識による先進的デザイン

Services

現場での迅速なサービス

使用開始と同時にアプリケーション指向の専門的な知識を提供します。

アプケーションの厳しい要件に対応する純正部品を使用します。

プロセスにおける高精度な測定を確保します。

お問合せ
Max 25 MB