End-of-line (EOL) test stands from Kistler efficiently ensure the quality of electric motors and powertrain components

電気駆動システム向けのEOLテストスタンド

キスラーのEOL(End of line)テストスタンドは、製造ラインに直接組み込み、電気モータやパワートレインコンポーネントの品質を効率的に確保できるソリューションです。このテストスタンドは特定の生産環境にもシームレスに対応できるため、お客様の要件に正確に合わせて導入することが可能です。また、スペースが限られている場合でも、キスラーの全自動ソリューションは多数の検査をこなすことができます。

キスラーグループは、ドイツと中国に電気モータとテストスタンドに関する2つのエンジニアリング拠点を擁し、さまざまな市場やお客様のニーズに合わせてEOLコンセプトを柔軟に実現することができます。このコンセプトは、テストスタンドの設計・構築、設置、試運転からメンテナンスまで、プロセスチェーン全体をカバーしています。

車載エンジンにおいて特に重視されるのはパフォーマンスと効率ですが、産業用途では、さまざまな用途に合わせて高精度に調整できる速度制御式駆動システムが多く用いられています。電動アシスト自転車や電動バイクも時と共にその人気が高まってきており、今後数年間はさらに技術的な発展が続くとみられています。

プロセス信頼性が高く、高品質な生産を実現

キスラーのEOLテストスタンドは、個々の製品を自動的にチェックして合否を判別し、必要に応じて仕分けすることができます。このため、モータ、トランスミッション、インバーターを含むあらゆるパワートレインコンポーネント、さらにパワートレイン全体についても高品質と透明性を確保できるようになります。

キスラーのEOLソリューションは以下に合わせて設計可能:

  • お客様それぞれに合わせた検査プラン
  • システムの計画処理量
  • ニーズに応じた自動化レベル
  • システムに必要な柔軟性
  • ニーズに応じた拡張可能性
  • より高度なシステム(製造実行システムなど)とのネットワーク化に関する要件
利点

ソリューション全体をシングルソースで提供

製造ラインに直接一体化

テストスタンドを柔軟にカスタマイズ設計

効率的な品質検査

プロセスの高い信頼性

大量の検査に対応できる広範な優れた性能範囲

透明性が高く、トレース可能なテストスタンドの運用

自動化環境に個々のソフトウェアを接続

一貫したモジュラー設計により、安定した投資が可能

製品品質の向上、生産の最適化

プロジェクトを包括的に管理し、さまざまなサービスを選択可能

お問合せ
Max 25 MB