過積載車両をリアルタイムで検知: キスラーの走行車両重量計測による取り締まりシステム

キスラーの計測技術は、積載制限の取り締まりを効率化すると同時に交通安全を向上し、運送会社の不正な競争を防止します。さらに、キスラーの走行車両重量計測(WIM)システムは、インフラ計画のための貴重なデータを収集し、道路保守関連の公共支出の削減に役立ちます。

お問合せ
Kistler Japan Co., Ltd.
Sales Representative

Lineas® WIM センサ

Type 9195G

LineasクオーツWIM (ウェイトインモーション)センサは、車軸荷重およびめまぐるしい交通状況下での自動車総重量を非常に正確に測定できます。

Kistler WIM システム (OIML認証取得済)

Type 9835AE

コンパクトで、あらかじめ配線されたWIMシステムです。WIMサイトを手早くセットアップし、重量測定に欠かせないコンポーネントをすべて含んでいます。過積載車両および連続的な交通量モニタリングの検知に適します。

Kistler WIM データロガー

Type 5204A

Lineas WIMセンサーとキスラー・データロガーを組み合わせることで、交通量監視ならびにめまぐるしい交通状況下でリアルタイムの正確な車両データ収集が可能になります。

WIM チャージアンプ

Type 5163A

堅牢なチャージアンプで、キスラー Lineas WIM センサのために特別に設計され、チャージ・アウトプット(タイプ9195GC...) を備えます。