キスラーの歪みセンサ

キスラーの歪みセンサ

以下の製品ファインダを使用すれば、研究開発での一般的な計測や産業用途での機械/装置のモニタリングに使用する汎用歪センサを簡単に検索することができます。

キスラーの圧電式歪センサは、構造体に生じる歪みを高分解能で測定することができます。そのためには、センサを適切な場所に取り付けます。力を間接的に測定する場合はセンサの校正を行います。その際、構造体の形状、材料の弾性率、そして機械的応力が重要です。

表面歪センサは、取付け用ねじで構造体に取り付けます。構造体の歪みは、静摩擦により測定素子に伝えられます。歪測定用メジャリングピンを取り付ける場合、センサを挿入して固定する円筒状の取付け穴が必要です。キスラーは、取付け穴の軸に対して半径方向または軸方向の歪みを測定する各種センサを提供しています。

お問合せ
(max 25 Mb)