ホイールトルクメータ

ホイールトルクメータとは何ですか?

ホイールトルクメータは、乗用車、SUV、商用車、レーシングカー、産業用車両など、さまざまな車両のトラクショントルクを測定するための汎用センサです。

ホイールトルクメータを使用する際に検討すべきことは何ですか?

ホイールトルクメータは、車両開発プロセスの多種多様な用途で使用できます。主な用途:

  • CO2排出量低減のための転がり抵抗測定
  • ABSシステムの研究開発
  • 動的制御システムの研究開発
  • 車両性能測定
  • パワートレインの効率性の判断
  • トランスミッション開発のための荷重データの記録(シミュレーション、検証)
  • ブレーキでのフェーディング効果の解析

その他の用途としては、トランスミッションおよびシャーシ制御システムの開発、米国規格FMVSS 135などの政府による安全試験の準備などがあります。

ホイールトルクメータを使用する際に検討すべきことは何ですか?

ホイールトルクメータのデータは、タイヤやブレーキなどの安全性に関連するコンポーネントの開発に使用されるため、高い精度のデータを確保することが非常に重要になります。ホイールトルクメータの精度は、CO2排出量低減に関する認証試験に使用されるときに特に重要です。ホイールトルクメータによって測定されるデータの精度は、主にその校正プロセスによって定義されます。

車両開発分野におけるホイールトルクメータのメリットは何ですか?

ホイールトルクメータをリムの中央部分に置き換えることで、サスペンションシステムを適切に、つまりホイールトルクの取得に最も効果的な位置に統合できるようになります。ホイールトルクメータの車両への取り付けは非常に容易で、標準ホイールの交換と同じくらい簡単です。

トルクの測定にホイールトルクメータを使用する場合、歪ゲージを使用する場合とは異なり、パワートレインのコンポーネントを変更する必要はありません。元のホイールをホイールトルクメータに置き換えるだけで、測定を開始する準備が整います。

お問合せ
Max 25 MB