ホイール6分力計

ホイール6分力計とは何ですか?

ホイール6分力計は、現代の車両開発における主要な構成要素です。多軸精密測定システム(ほとんどは6成分測定システム)で、回転ホイール上の3つの力とモーメントを捕捉します。

どんな用途でホイール6分力計を使用できますか?

ホイール6分力計は、乗用車、SUV、商用車、レーシングカー、産業用車両など、さまざまな車両のシャーシ全体およびシャーシコンポーネントの開発・検査で使用できるように設計されています。測定の間、ホイール6分力計と標準ホイールを交換し、タイヤ接触パッチに作用する力とモーメントを測定します。

ホイール6分力計は、以下のように、車両開発における幅広い用途で使用されます。

  • 道路の荷重データの収集(RLDA:Road Load Data Acquisition、道路荷重データ収集)
  • 車両サスペンションにおける設計荷重の検証
  • シャーシ試験の間のデータの記録と制御
  • 多軸車両テストベンチの繰り返し
  • タイヤの検査
  • タイヤの開発

ホイール6分力計を使用する際に検討すべきことは何ですか?

ホイール6分力計のデータは、安全に関係する部品の開発や寸法決定に使用されるため、データの高い精度を確保することが非常に重要になります。

特に以下の場合にこのことが適用されます。

  • 回転ホイールの力とモーメントの測定
  • 回転ホイールの角度と角速度

ホイール6分力計で測定したデータの精度は、主に校正プロセスによって定義されます。

車両開発におけるホイール6分力計のメリットは何ですか?

道路からの境界荷重を使用して、車両を適切に設計できるようになります。ホイール6分力計がホイールと車両ハブの間の境界で、力とモーメントを直接測定できるためです。道路と車両ハブの間には、タイヤとホイール6分力計の機会構造以外のコンポーネントはないため、この構造がより直接的な荷重の伝達を可能にしています。

車両耐久試験、ストリートシミュレータなどの完成車両でのテストベンチでホイール6分力計を使用すれば、事前に実施した運転試験から得られた推定荷重を正確に試験・検証することができます。道路上で事前に測定したものと同じ荷重を、同じ境界および同じセンサを介してテストベンチ上の車両に伝達するようにすると、高精度の結果を得られます。

ホイール6分力計は運転荷重データを迅速かつ簡単に提供できますが、歪ゲージでも運転荷重を測定することができます。この場合、試験対象の車両コンポーネントを測定できるよう、事前に特定の準備作業を行う必要があります。具体的には、歪ゲージを試験対象のコンポーネントに接着してから、コンポーネントの校正を行う必要があります。ホイール6分力計方法を使用すれば、こうした手順をすべて省くことができます。

お問合せ
(max 25 Mb)