センサの校正

センサの校正とは何ですか?

測定技術におけるセンサの校正とは、所定の条件下において、標準(基準)の値と、センサや計測システムなどの測定装置の出力値との関係を特定する作業を指します。標準値も出力値も測定上の推定される不確かさを包含しています。

測定装置(センサ)または計測システムの「校正」という用語が「調整」と時として混同されます。調整を行う際は、希望する測定対象が正常に表示されるように、計測システムのパラメータを調整します。

センサの校正が重要な理由は何ですか?

校正では、センサや計測システムなどの測定装置の精度と再現性を検証します。正確で信頼性が高く、再現性の高い測定結果を得るためには、校正済みセンサが前提条件となります。校正は、効果的な品質保証を運用するために必須です。

校正はどのように記録されますか?

校正結果は、校正証明書または校正レポートに記録されます。標準を指定することで、これらの記録の国家標準や国際標準に対するトレーサビリティを検証できます。校正結果は、仕様、校正関数、校正曲線、校正表または校正グラフによって表すことができます。

再校正とは何ですか? 再校正が必須である理由は何ですか?

最も精密かつ最も感度の高い測定装置または計測システムであっても、摩耗、経年変化、環境による影響を通じて、その精度が低下する可能性があります。そのため、定期的に再校正を行う必要があります。DIN EN ISO 9001は、試験装置の監視プロセスを導入し、計測装置を校正する必要があることを規定しています。 こうしたことから、多くの会社は定期的な校正実施を行う品質保証システムを採用しています。

さまざまな測定量のセンサはどのように校正すればよいですか?

測定量に応じてさまざまな方法でセンサの校正を行います。圧力センサの校正、力センサの校正、トルクセンサの校正、加速度計の校正には異なる校正プロセスと校正機器が使用されています。

認定試験所におけるトレーサブルな校正とは、どういう意味ですか?

このような校正は、DIN EN ISO/IEC 17025認定試験所で実施され、常に測定の不確かさが記載されます。この規格は計量に関する基本用語と一般用語の国際的な用語を使用し、校正ラボの品質を担保します。トレーサブルな校正は、DIN EN ISO/IEC 17025に従って認可された校正ラボで実施されます。 こうした校正によってのみ、国家標準への完全な計量トレーサビリティが保証されます。

校正証明書にはどのような詳細情報を記載する必要がありますか?

  • 試験体の指定(UUT = 被校正器)
  • 校正担当者の技能の記録
  • 参照標準およびトレーサビリティの記録
  • 校正環境条件の記録
  • 測定の不確かさを含む測定結果
  • 校正手順の説明および手順書
  • 日付:校正は定期的に実施する必要があるためです。
お問合せ
(max 25 Mb)