圧電式力センサ

圧電式力センサとは何ですか?

圧電式力センサは、ロードワッシャまたは測定ワッシャとも呼ばれ、単一軸に沿って力を測定するための典型的な圧電式測定素子です。圧縮または引張力Fzまたはせん断力Fx、Fyのいずれかを示します。

圧電式力センサはどのように使用されますか?

圧電式力センサは通常、既存構造体の力の流路における測定ポイントに直接組み込まれ、必要なプリロードを与えた状態で設置および校正されます。

プリロードを与えた状態の圧電式力センサまたは力変換器は、すぐに測定を実施することができ、校正済みの状態で納品されます。圧縮または引張力の測定に使用できます。

圧電式力センサは各種用途で使用されます。例えばマウント技術、スポット溶接またはプレスにおいて、また衝撃抵抗、切削力および成形力の測定、ならびにフォースプレート、走行車両重量計測システムおよび衝突安全試験などが挙げられます。

1成分薄型力センサのメリットは何ですか?

  • 高い剛性とその結果としての高い固有振動数
  • 高負荷容量
  • 高い繰り返し荷重での耐久性
  • 広い測定範囲
  • 極めてコンパクトな設計
お問合せ
Max 25 MB