加速度計の取り付け

加速度計を被試験物に取り付けるには?

加速度計を試験対象の構造体に取り付ける際に最も考慮すべき事は、高品質な取り付け面を準備することです。主な目的は、振動測定を実施するために、使用可能な最大周波数応答を達成することです。 取り付け面の状態は伝達率に影響を与えるため、多種多様な接着取り付けパッド、クリップ、マグネットベース、スタッド、および正確に加工された取り付け面を備えた三軸キューブ等、幅広い用途に対応できます。2~3kHzより高い周波数を検討する場合、各加速度計の取扱説明書に、表面品質、センサの向き、および取り付けトルクに関する具体的な推奨事項が記載されています。

加速度計を被試験物に取り付けるにはどんな方法がありますか?

加速度計には様々な取り付け方法があります。試験装置の性質、環境条件および用途に応じて、接着パッド、接着ワックス、接着セメントまたは(絶縁済み)取り付けスタッドを使用して、センサをマグネットベースに取り付けることができます。

加速度計の各種取り付け方法について、どのようなメリットとデメリットがありますか?

 

Mounting methodAdvantagesDisadvantagesRemarks
ProbeQuick measurementLower accuracy 
Magnetic baseEasy and quick installationAdds considerably to mass loading, lowers resonant frequencyLimited to ferromagnetic materials
Adhesive mounting baseAllows for stud mounting, provides electrical isolationLowers resonant frequencyPads are usually exposed to test specimen
Adhesive waxIdeal for lightweight unitsLimited temperature range and acceleration amplitudeFast and clean
Adhesive cementGood and strong coupling of sensor to specimen; higher temperature stability than waxDifficult to remove sensor; requires solvents, removal tool and/or heatSuited for more permanent applications and high frequency measurements
Isolated mounting studAllows for strong coupling as well as for ground isolationRequires threaded hole in specimen; base slightly lower resonance frequencyControl mounting torque; use silicone grease
Mounting studBest coupling of sensor to test specimen for highest frequency responseRequires threaded hole in specimenControl mounting torque; use silicone grease
お問合せ
(max 25 Mb)