測定の不確かさ

測定の不確かさとは

研究や産業におけるあらゆる物理的測定には、ある種の不確かさが関連します。環境条件のわずかに変化しただけでも、測定に影響を与え、測定結果が信頼できない偏差につながるおそれがあります。確かな測定結果を得るには、どのような不確かさが結果に関連するのかを知る必要があります。.

測定の不確かさは、測定対象の真の値に関して不足する知識を定量化します。この定量情報は、測定結果に割り当てられたパラメータ[u]としてパーセンテージで表され、入手可能な情報に基づいて測定対象に合理的に割り当てることができる値の分散を示します。つまり、測定値の真の値がある定義された確率で存在する範囲を指します。

測定の不確かさの判定方法

ISO規格に基づいて標準化された測定の不確かさを判定する方法は複数ありますが、ISO/IECガイド98-3に準拠する分析計算法は確率分布に基づいています。定量化情報と、経験値や校正証明書のデータといった非統計的なパラメータにも基づくものです。測定の不確かさは、測定項目、測定原理、測定手順に依存し、測定に影響を与える可能性のあるあらゆる関連入力変数を使用して計算します。各入力変数の影響因子を組み合わせて得られる情報です。測定チェーンに含まれる要素が多ければ多いほど、測定の不確かさは判定が複雑になります。

測定の不確かさを判定する方法には、ISO 21748に準拠したラウンドロビン試験という方法もあります。この試験では、複数の試験機関が同じ測定手順で同一の試料を試験します。続いて、試験機関内の測定値と、各試験機関間での測定値の比較を行い、調査している測定量に関する標準的な不確かさを調べます。

測定の不確かさを知ることが重要である理由

測定結果の不確かさにについて情報が不足していると、誤った情報と関連している可能性があります。 これが原因で誤った判断をした結果、無駄なコストの発生や業界のイメージダウン、さらには損害賠償請求や刑事告訴にまで発展するおそれがあります。
測定の不確かさを確実に判断できれば、許容限界値をより狭く定義して、プロセスをもっと効率的にすることができます。

お問合せ
Max 25 MB