測定データの管理

測定データマネジメントとは何ですか?

測定データマネジメントは、大量の測定データやビッグテストデータを効率的に管理して組織化することです。その際、合理的にこうしたデータをさらに利用・処理・分析できることが前提条件となります。

効率的な測定データマネジメントはどんなタスクに対応できるのでしょうか?

測定データは、しっかり保護され、不正アクセスから守られる必要があります。これらは主にさまざまな測定機器やテストベンチで得られたデータで、さまざまなフォーマットがあります。測定データは通常、適切なインポート/エクスポート機能によってスムーズに交換されます。こうしたデータを可能な限り迅速に把握して解析し、相互にネットワーク化して、例えばチームでその情報をやり取りできるようにするには、データに確かな意味づけを行ったり、メタデータでインデックス化する必要があります。このメタデータには、特に試験片、使用する測定手法、物理的な単位、時間、測定装置、試験タスクや試験手順などに関する情報が含まれます。また、データのインデックス化は、可能なクエリ(処理要求)、特別なビューでのデータの表示、特定のデータセットの限定を行うための基礎となります。

優れた測定データマネジメントシステム(MDM)に不可欠な要件:

  • データストレージ、クラウドソリューション
  • データのバックアップ
  • データのチェック:複数の同一データセットの検出、エラーのあるデータセットの修復
  • データの保護(暗号化オプションや権利の割り当てを含む)
  • 最高水準の透明性とアクセス可能性を実現する柔軟なシステム
  • さまざまなインポート/エクスポート機能(各種メーカーのデバイスの各種フォーマットやデータを読み取るため)
  • 広範な検索・フィルタリング機能
  • 複雑なクエリを構築し、後で再利用するために保存できること

効率的な測定データマネジメントによってどのようなチャンスが生まれますか?

  • 複雑な測定データでも迅速かつ簡単に利用できる
  • 効率の向上とコストの削減につながるデータの透明性:さまざまなチームが情報を交換し、互いに測定データを活かすことができます。これにより、別の時間、別のプロジェクトでまったく同じ労力を何度も重ねずに済むようになります。
  • 後続の測定データ解析やデータマイニングといった後処理を可能にする最適なデータ処理
お問合せ
(max 25 Mb)