IEPE (Integrated Electronics Piezo-Electric)

IEPEとは?

IEPEは「Integrated Electronics Piezo-Electric」の略で、電圧出力型圧電方式のことを指します。エレクトロニクス内蔵型の圧電式センサは、産業用アプリケーションの基準となっています。半導体の集積回路は、圧電式センサの高インピーダンスの信号を、伝送しやすいより低いインピーダンスの電圧信号に変換します。IEPEは、あらゆる長さの標準ケーブル1本で電源と信号の伝送を実現でき、ケーブルが動いた場合でも測定誤差が生じません。

IEPEはどこでどのように使用するのでしょうか。

IEPEは、フォースセンサ、圧力センサや加速度センサ、さらに測定マイクロフォンなどに使用することができます。信号変換機能が組み込まれているため、IEPEセンサは、IEPEタイプでない圧電式センサと比べて使いやすく、電気的干渉の影響を受けにくいです。ただ、使用する半導体の集積回路の温度範囲は最高150~200°Cでの利用に限られます。また、大幅に消費電力が低減された低電力IEPEセンサーは、バッテリーを用いて作動させる場合に適しています。

お問合せ
(max 25 Mb)