高温用圧力センサ

高温用圧力センサとは?

高温用圧力センサは、700°C(1,300°F)までの一定温度での圧力測定に対応する圧電式センサです。これは、ばね質量システムとして機能し、その典型的なアプリケーションには、動的な圧力脈動の測定と制御が要求されるプロセスが含まれます。内蔵されたPiezoStar水晶振動素子により、高温用圧力センサは、短期的には最高1,000°C(1,830°F)までの温度に耐えることができます。差動技術および内蔵された加速度補正機能により、低ノイズと高精度が実現します。超高温用に設計された、特別に断熱されたハードラインケーブルを使用して、センサとチャージアンプが接続されます。

高温用圧力センサの用途は?

高温用圧力センサは、たとえば、ガスタービンや同様の熱音響アプリケーションなどの動的な燃焼プロセスの測定と制御に使用されます。システムの動作を最適化するために、潜在的な危険性のある圧力の脈動や振動を正確に捉えます。

高温用圧力センサの測定チェーンは、どのように構成されているか?

センサ本体に加えて、差動式チャージアンプおよび低ノイズのハードライン/ソフトラインケーブルにより、高い測定品質が達成されます。さらに、過酷な環境のアプリケーションでは、防爆認定コンポーネントが使用されます。.

高温用圧力センサには、どのような種類があるか?

高温用圧力センサは、研究開発用の小型および軽量バージョンなど、多種多様なバージョンがあります。特定のアプリケーションの要件に応じて、個別のケーブル長さとコネクタ形式を選択できます。さらに、危険な環境では認定バージョン(ATEX、IECEx)が使用されます。

お問合せ
Max 25 MB