高温用加速度センサ

高温用加速度センサとは?

高温用加速度センサは、加速度を測定するための圧電式センサです。これは、ばね質量システムとして機能し、動的なプロセス、つまり振動や燃焼変動の測定または監視を行うためによく使用されます。PiezoStar水晶振動素子により、最高700°C(1,300°F)まで、短期的には1,000°Cまでの温度に耐えることができます。差動技術およびシェア設計により、低ノイズと高精度が実現します。この高温に対応可能な、特別に断熱されたハードラインケーブルを使用して、センサとチャージアンプが接続されます。

高温用加速度センサの用途は?

高温用加速度センサは、宇宙アプリケーション(例:ロケット試験)またはガスタービンやデトネーションエンジンの監視など、過酷な環境での加速度測定に使用されます。また、原子力発電所にも採用されています 

高温用加速度センサの測定チェーンは、どのように構成されているか?

センサ本体に加えて、差動式チャージアンプおよび低ノイズのハードライン/ソフトラインケーブルにより、高い測定品質が達成されます。さらに、過酷な環境のアプリケーションでは、防爆認定コンポーネントが使用されます。

高温用加速度センサには、どのような種類があるか?

加速度計には一般的に、1軸と3軸センサの違いがあります。1軸センサは一方向でのみ測定しますが、3軸センサは3つの空間次元すべてで信号を捕捉します。さらに、さまざまな温度リミットのバージョン(< 260°C、< 480°C、> 700°C)および危険場所用の認定バージョン(ATEX、IECEx)があります。研究開発用には、小型および軽量バージョンが用意されています。そして、高温用加速度センサの市場標準には、正方形型と三角形型のARINC設置面があります。

お問合せ
(max 25 Mb)