力センサ / 力変換器

力センサと力変換器の違いは?

力センサまたは力変換器は、圧縮力および引張力の正確な測定を行うために設計されています。

圧電式力センサは、圧電式測定原理に基づいています。これらは動的な力や準静的な力の測定に適しています。センサに組み込まれた水晶素子は、作用する力に比例した電荷を発生します。電荷はチャージアンプにより評価可能な信号に変換されます。圧電式センサの特別なメリットの1つは、広範な測定範囲全体にわたって一定の測定精度を達成できることです。そのため、非常に大きなセンサをごく小さな力の測定に使用しても測定精度は変わりません。圧電式センサは高度な過負荷耐性も特徴です。そのため、特に低い測定範囲で保護対策を講じる必要がなくなります。

一方、力変換器は、歪ゲージの原理に基づくセンサです。静的および準静的な圧縮力および引張力の測定に適しています。力変換器は、計量およびトルクの決定にも使用できます。 

All terms are now used universally, which is why it is not possible to establish a clear delineation.

お問合せ
(max 25 Mb)