チャージアンプ

チャージアンプとは?

測定技術の分野では、チャージアンプとは基本的に、例えば圧電式センサによって、非常に小さな電荷信号が生成された時に、その電荷信号を比例した電圧信号(ボルト)に変換する電荷電圧変換装置を指します。

チャージアンプは圧電式センサを用いてどのように機能しますか?

圧電式センサによって生成される電荷は、計測しにくい量です。この電荷は負荷された力または圧力に正確に比例します。1950年にWalter P. Kistlerが初の圧電信号用のチャージアンプを発明するまでは、測定技術分野において圧電効果は商業的に利用不可能でした。チャージアンプは、圧電式センサにより印加される圧力に比例した負の電荷出力を、正の比例電圧に変換します。現代のチャージアンプでは、この信号をそのままデジタル形式で利用することもできます。

適切なチャージアンプを選択する際、何を考慮する必要がありますか?

チャージアンプには幅広い選択肢があります。適切なチャージアンプを選択するために最も重要な条件を以下に挙げます。

  • 測定チャンネルの数
  • 測定範囲:電荷信号の大小
  • 測定タイプ:ゼロ点を基準とした(準静的)測定または純粋に動的(ハイパス挙動)な測定
  • 測定信号の周波数範囲
  • データ出力:アナログまたはデジタル
お問合せ
(max 25 Mb)