型内圧

型内圧とは?

射出成形において、型内圧(樹脂を充填する際、金型の内部にかかる応力)は成形品の仕上がりを左右する重要な要素です。型内圧プロファイルをもとに、射出、圧縮、保圧のプロセス全体を通して最適なプロセスパラメータに調整し、製造現場での不良品判別を可能にします。

なぜ型内圧測定なのでしょうか?

金型と一体化するように取り付けられた型内圧センサは、正確で瞬時の動的な測定を可能にします。このように製造中に継続的に行なう測定は、射出成形の効率的かつ最適化を可能にする工程監視システムの基礎となります。また、キスラーの「ComoNeo」を使用して射出成形工程における直接品質保証システムを提供します。

お問合せ
(max 25 Mb)