キャンバー角

キャンバー角とは?

キャンバー角とは、路面(平らな場合)に対する車両のホイール(およびタイヤ)の中心線の測定値となります。これは、ホイールと車体の間の角度として定義されます。動的キャンバー角または接触角は、走行中のホイールと路面間の角度です(下図を参照)。キャンバー角は「°(度)」で示され、車両のサスペンション設計、タイヤのグリップ、およびステアリング、ブレーキング、加速などの運転挙動に大きな影響を与えます。乗用車やトラック、さらにはレーシングアプリケーションでは、キャンバー角の知識が不可欠です。

ネガティブキャンバーとポジティブキャンバーの違いは?

ホイールの上部が車両側に傾くと、ネガティブキャンバーになります。ホイールの上部が外側に傾くと、つまり車両から離れると、ポジティブキャンバーになります。

静的キャンバー角と動的キャンバー角の違いは?

静的キャンバー角とは、車両が静止しているときの実際のキャンバー角です。車両の走行中に絶えず変化する動的キャンバー値は、ブレーキング、コーナリング、加速などの運転挙動によって生じる力のため、静的キャンバー角とは一致しないものと考えられます。動的キャンバー角は、静的キャンバー角に追加されたキャンバーとの合計になります(加算または減算)。

たとえば、普通車のコーナリング時には、コーナリングフォースによってホイールとタイヤは自然に外側に向かって駆動されます。この状況では、ホイールの接地面がタイヤの外側のショルダー部にわずかに移動します。この自然なシフトに対抗し、一方では可能な限り最大の路面接触面を確保しながら、他方ではコーナリング時に可能な限り最適なタイヤグリップを確保するためには、静的なネガティブキャンバーが望まれます。ただし、ネガティブキャンバーが大きすぎると、車両が道路の凹凸に追従して、タイヤの摩耗が大幅に増加します。

ネガティブキャンバーのメリットは?

現代の通常の車両の場合、良好なバランスとコーナリンググリップ、ブレーキンググリップ、タイヤの摩耗を実現するためには、一般的に、わずかなネガティブキャンバーが推奨されます(0.5~1°)。

キャンバー角の測定方法は?

キャンバー角を測定するには、さまざまな方法があります。

地面に対する正確な動的キャンバー角の測定は、たとえば、キスラーのRV-4などのホイールベクトルセンサを取り付けることで実現できます。これにより、すべてのホイールの位置と方向が5つの軸で測定されます。別の方法は、DCAセンサシステムのように、2つの特殊な光学式動的キャンバー角センサ(DCA)を、フロントホイールおよび/またはリアホイールに対して90°の角度で取り付けることです。レーザー式車高センサにより、各センサの光学面から道路またはコースの表面までの2つのセンサ間の高さの相対的な変化が比較され、動的キャンバー角の測定が実現します。

また、別の方法となるのは、タイヤ内側の熱を測定することです。ネガティブキャンバーまたはポジティブキャンバーでは、タイヤ表面で異なる温度が示されます。

お問合せ
(max 25 Mb)