WIM設置準備、OK?

画期的な走行車両の重量測定・管理システム KiTraffic Digitalとは?

KiTraffic Digitalは、キスラーのまったく新しいWeigh In Motion(WIM)ソリューション。独自に設計された新しいLineas Digitalセンサによって、車線が変更されても車軸荷重と車両総重量を高精度に測定できるなど、今までよりも性能が向上したうえ使いやすくなりました。

つまりKiTraffic Digitalは、過積載トラックの重量およびタイヤ状態の把握に最適なソリューションと言えます。完全にデジタル化された測定チェーンのおかげで全体的なシステムの構築と操作を簡単に行えます。セットアップとケーブル配線は非常に効率的で(ループは不要)、さまざまな環境の影響(道路の品質など)の補正などの計算はより簡単になりました。

センサ内の全てのクオーツの校正を可能にする高度なシステム構築により、KiTraffic Digitalは実際の車両位置に関係なく非常に正確な結果を提供します。キスラーの新しいWeigh In Motionシステムは最大で±2%の測定精度に加え、道路交通を快適に制御するためにオペレーターが必要とする多くの要素を提供します。KiTraffic Digitalは、自由走行道路での交通状況を高い信頼性で測定するように設計されているため、トラックのダブルタイヤを認識したり、タイヤの膨張とパンクを検出することもできます。

Watch our KiTraffic Digital webinar!
完全に新しいLineas DigitalのWIMセンサ

Lineas Digitalは、20年の実績があるクォーツ技術に基づく高精度センサです。センサに使われる全てのクオーツ情報はデジタル化および校正されているため、Lineas Digitalでは素子全体(センサ全体長)にわたって一律の信号を出力します。力信号の位置によってシングルタイヤ、ダブルタイヤ、タイヤのパンクまで検出し、道路状況の悪さの影響は各クオーツに補正されます。さらにデジタル信号の伝送は堅牢(安定)、Power over Ethernet(PoE)という標準化ケーブル接続、KiTraffic Digitalシステムへの専用インターフェイスなど、多くの利点があります。

注目の技術:

  • 高精度のクオーツWIMセンサ
  • デジタル出力
  • 全てのクオーツ情報をデジタル化して校正
  • センサ全体長にわたり一律の信号を出力
Lineas Digitalができるまで
クオーツ(水晶)
クオーツは全てのLineasセンサの心臓部です。 1つのセンサにコンタクトレンズ程の大きさの円盤状の結晶が最大で50枚取り付けられています。クオーツはスイスのキスラー本社において特別な機械で処理されています。
クオーツ(水晶)
クオーツは全てのLineasセンサの心臓部です。 1つのセンサにコンタクトレンズ程の大きさの円盤状の結晶が最大で50枚取り付けられています。クオーツはスイスのキスラー本社において特別な機械で処理されています。
組立
センサの組み立てには、センサを防水にするためのケーブルの取り付けとセンサ自体の密閉が含まれます。最後に、横方向の力を弱めるフォームケーシングにアルミプロファイルを収めます。
組立
センサの組み立てには、センサを防水にするためのケーブルの取り付けとセンサ自体の密閉が含まれます。最後に、横方向の力を弱めるフォームケーシングにアルミプロファイルを収めます。
最終検査
センサの詳細な最終検査には、気密性チェックとさまざまな機能テストが含まれます。センサの全体長にわたって一律の感度は校正システムで検証されています。
最終検査
センサの詳細な最終検査には、気密性チェックとさまざまな機能テストが含まれます。センサの全体長にわたって一律の感度は校正システムで検証されています。
お問合せ
(max 25 Mb)