キスラーのシステムで重量規制 – 道路を保護し道路交通安全を強化

過積み車両は他の道路利用者にとって危険なだけでなく、道路/橋梁の損傷の原因にもなります。キスラーが提供する走行車両重量計測システムのKiTraffic Plusは過積み車両を車速や監視対象の車線数に関係なく、付属カメラで自動的に検知します。自動重量規制データは路側で処理され、リアルタイムで提供されます。過積み車両にはたとえば罰金切符が自動的に切られ、それにより道路交通安全が向上します。重量規制システムは、道路インフラ整備計画のためのデータ収集にも使用でき、道路保守に費やされる公的資金の節約に寄与します。

KiTraffic Plusによる重量規制:

  • 任意の速度での走行中車両の重量を正確に、高い信頼性で計量
  • スケーラブルな監視機能で、任意の数の車線をモニタリング可能
  • 独自の水晶圧電素子技術により実現した、安定性が高く長寿命の高性能センサ
  • 過積み車両を全自動で特定
  • 既存の監視システムに簡単に統合可能
  • 低中速で走行する車両の計量に関するOIML-R-134認証を取得
お問合せ
Kistler Japan Co., Ltd.
Sales Representative
利点

直接規制と事前選択のための信頼性の高い、効率的な重量チェック
車両検量プランの簡単化
道路の損傷の減少、それに伴う公的資金の節約
道路交通安全の向上

Services

Our experts are happy to assist and advise.

アプリケーション志向のノウハウをトレーニング

センサのライフサイクルを通じて正確な計測を実現

お問合せ
(max 25 Mb)