リアルタイムで交通量データを把握

交通量と路面に作用する負荷に関する情報は、長期の道路整備計画、交通安全の向上、道路メンテナンスの最適化に重要な役割を果たします。キスラーが提供する走行車両重量計測(WIM)ソリューションのKiTraffic Statisticsでは、交通データをリアルタイムで自動収集できます。システムはWIMデータロガー、センサ、配線済みコンポーネントからなるコンパクトな構造で、あらゆる条件の路面に簡単迅速に埋め込むことができます。Lineas水晶圧電式力センサは、路面の下、地表から25 mmの深さに設置します。このためセンサ

 KiTraffic Statisticsによる交通量データの把握:

  • 車両が路面に及ぼす負荷を的確かつ正確に計測
  • Lineas Compactセンサは、路面下に埋め込む独自の方式のため長寿命
  • あらゆる条件の路面に簡単に設置可能
  • 使用期間が長期にわたる場合でもメンテナンスフリー
  • システムコンポーネントは配線済みで、迅速簡単に設置可能
  • 既存のITS(Intelligent Transport Systems)ソリューションに簡単に統合可能
お問合せ
Kistler Japan Co., Ltd.
Sales Representative
利点

車両を停車させる必要のない交通量データの自動収集
道路インフラ整備計画の最適化
特殊な輸送車両の追跡

Services

Our experts are happy to assist and advise.

アプリケーション志向のノウハウをトレーニング

センサのライフサイクルを通じて正確な計測を実現

お問合せ
(max 25 Mb)