走行車両重量計測システム-公正な重量ベースの通行料課金

重量ベースの通行料課金を可能にするWIMシステムKiTraffic Plusは、道路管理者に道路の建設・補修に充当できる追加収入をもたらすほか、道路使用料を公正にするための追加課金を可能にします。「過負荷原因発生者負担」の原則に従って、道路利用者にそれぞれの車両の実際の重量、およびその車が引き起こす舗装路面の摩耗に応じて通行料を課金します。キスラーの重量ベースの通行料課金用WIMシステムを使用すると、道路管理者は重量制限を超過した車両にその場でペナルティを課し、過積載車両が橋梁または道路を通行する事を未然に防ぐことができます。最大2.5%GVWと正確で信頼性の高いシステムです。カメラを内蔵したKiTraffic Plusシステムは、走行中の車両の流れを乱すことなく、個々の車両の重量を識別し、自動的に通行料を課金します。

キスラーのWIMシステムには、過積載車両を即座に特定し、重量制限を超過した車両にペナルティを課したり、橋や道路への進入を制限するためのオプションも用意されています。キスラーの自動測定システムは、データをリアルタイムに転送し、それをもとに過積載の反則金や有料道路の通行料を車両重量に応じて計算できます。 

KiTraffic Plusによる重量ベースの通行料課金:

  • 最大2.5%GVWの精度で、あらゆる速度の走行中の車両を正確かつ高い信頼性をもって計量
  • 堅牢でメンテナンスフリーのLineas水晶圧電式WIMセンサ
  • 複数の車線を監視可能
  • 過積載車両の自動識別
  • 既存の通行料課金システム(手動または自動)へ簡単に統合
  • 低中速で走行する車両の計量に関するOIML-R-134認証を取得

通行料課金に役立つ手動式または完全自動式のWIMシステムをご提供いたします。 お近くのキスラーへお問合せください。

お問合せ
Kistler Japan Co., Ltd.
Sales Representative
利点

道路通行料の公正な計算

通行課金収入が増え、道路補修費用の捻出が可能

重量制限超過に対するペナルティ

過積載車両の橋梁/道路の通行を拒否

Services

当社のエキスパートが喜んでサポートおよびアドバイスを提供します。

使用開始と同時にアプリケーション指向の専門的な知識を提供します。

ライフサイクルコストを管理できます。

プロセスにおける高精度な測定を確保します。

お問合せ
(max 25 Mb)