産業用トラックの検量

セメント工場や鉱山、港などの産業活動サイトでは、多数のトラックの検量を短時間に効率的に行えることが必要です。産業用トラックの検量が重要となるのは2つのケース、すなわち請求根拠となる貨物積載量の確認、およびトラックの車軸に作用する重量または車両の総重量の検量が必要となる場合です。OIML認証を得たキスラーのWIMデータロガーと水晶圧電式Lineasストリップセンサは、任意の速度で走行中のトラックの重量を計量できます。走行車両重量計測システムは、1時間あたり数百台のトラックを計量し、請求の根拠として用いうる法定条件を満たした重量データを提供します。キスラーはトラックの業務目的の計量用に、システムセットアップに必要なコンポーネント一式を含むWIMパッケージを提供しています。

キスラーのWIMシステムによる産業用トラックの検量:

  • 法令に適合した計量システムであることを示すOIML R135認証
  • 超高精度の水晶圧電式力計測技術
  • 港や工場、鉱山などに迅速に設置可能、必要な工事はミニマム
  • 長期間連続使用する場合でもメンテナンスフリー
  • シールド加工仕上げした完全埋め込み型センサ
  • RFID発信機またはLPRカメラを容易に統合可能
お問合せ
Kistler Japan Co., Ltd.
Sales Representative
利点

連続処理に対応した高効率の計量プロセス

重量ベース請求書発行用にOIML認証を取得

フリート管理サポートのための計量データ

投下資本を短期間で回収可能

ユーザフレンドリな計量データ管理

Services

Our experts are happy to assist and advise.

アプリケーション志向のノウハウをトレーニング

センサのライフサイクルを通じて正確な計測を実現

お問合せ
(max 25 Mb)