橋梁の保護

効率的な監視が過負荷から橋梁を保護し、事故を防止

橋梁は交通インフラの繊細な構成要素で、その寿命には限りがあります。交通量が世界的に急増しつつある一方で、多くの橋梁構造物で経年劣化が進行しており、これら2つの要素が相まって、危険な状況につながっています。キスラーの走行車両重量計測(WIM)システムは、橋梁監視と橋梁保護に最適なソリューションです。WIMは、メンテナンスを正確にスケジュールするために、橋梁に加わる実際の負荷に関して信頼できるデータを供給したり、橋を通過する前に過積載車両を検知して進入を制限することができます。

橋梁を保護するために、キスラーは3つのコンセプトを取り入れています。

橋梁の危険性が判明する前:

  • 走行車両重量計測(WIM)による交通データ収集:車両の通行で生じる負荷は、橋梁の耐用年数に直接影響を及ぼします。そのためその負荷分析は、橋梁の残存耐用年数を算出する重要な手段となります。
  • 構造健全性の監視:歪ゲージセンサ、加速度センサをはじめとしたさまざまなキスラーの技術によって橋梁構造の状態変化を監視することができ、不具合を早期に発見できます。

橋梁に危険性が認められた後:

  • 走行車両重量計測(WIM)を使用した過積載車両/大型車両の事前選別:特定のトラックを迂回ルートに誘導

キスラーの技術を採用するメリット:

  • 橋梁の長寿命化:過積載車両の通行を防ぐことができる
  • リスクを低減:危険な構造物を早期発見、継続的に監視できる
  • 橋梁や舗装の状態を克明に把握:既存/計画中の構造物をさまざまな技術を用いて測定できる
利点

データ処理と評価を含む認証済みのシステム

走行車両の交通データを正確に自動記録

過積載車両の事前選別と進入制限 

重量ベースの料金徴収と使用量ベースのメンテナンス

Services

当社のエキスパートが喜んでサポートおよびアドバイスを提供します。

使用開始と同時にアプリケーション指向の専門的な知識を提供します。

ライフサイクルコストを管理できます。

プロセスにおける高精度な測定を確保します。

お問合せ
(max 25 Mb)