橋梁の保護

効率的な監視が過負荷から橋梁を保護し、事故を防止

橋梁は交通インフラの繊細な構成要素で、その寿命には限りがあります。交通量が世界的に急増しつつある一方で、多くの橋梁構造物で経年劣化が進行しており、これら2つの要素が相まって、危険な状況につながっています。キスラーの走行車両重量計測(WIM)システムは、橋梁監視と橋梁保護に最適なソリューションです。WIMは、メンテナンスを正確にスケジュールするために、橋梁に加わる実際の負荷に関して信頼できるデータを供給したり、橋を通過する前に過積載車両を検知して進入を制限することができます。費用対効果の優れたKiTraffic Statisticsパッケージを活用することで、走行車両重量計測のあらゆる利点をすぐに実装できます。また、路面の下に埋め込むタイプの新しいLineas Compactセンサは、最大限の耐用年数を発揮します。

キスラーの走行車両重量計測による橋梁監視と橋梁保護のメリット:

  • 世界中で採用され実証済みのテクノロジー
  • キスラーが自社開発した水晶圧電式Lineasセンサ
  • 低速でも車軸荷重と車両総重量を自動的に記録可能
  • 現場近くでリアルタイムにデータを評価、一般的に使用されているWebテクノロジーを介して簡単にアクセス可能
  • OIML認証により正確な車両の計量を保証
利点

データ処理と評価を含む認証済みのシステム

走行車両の交通データを正確に自動記録

過積載車両の事前選別と進入制限 

重量ベースの料金徴収と使用量ベースのメンテナンス

Services

当社のエキスパートが喜んでサポートおよびアドバイスを提供します。

使用開始と同時にアプリケーション指向の専門的な知識を提供します。

ライフサイクルコストを管理できます。

プロセスにおける高精度な測定を確保します。

お問合せ
(max 25 Mb)