走行車両重量計測 WIM(Weigh In Motion)

キスラーの走行車両重量計測 - 信頼性の高い交通データ

人の往来、物資の移動など、私たちの生活の質(QoL)にとって、その移動のための輸送手段の重要性は増し、交通量が増加することは不思議ではありません。同時に、道路をはじめとする交通インフラが受ける負荷も増加する一方です。道路の損傷を防ぐために、道路管理者は道路の利用状況を把握し、適切に管理する必要があります。

キスラーが提供する先駆的で、認証を得た走行車両重量計測(WIM)ソリューションは、交通の流れを妨げることなく交通データを把握し、処理します。計測技術のエキスパートが提供するポートフォリオには、センサからソフトウェアに至る各種計測システムが含まれます。交通量、軸荷重、総重量の正確なデータを的確に把握することで、過積み車両を容易に特定し、そのデータを道路インフラの保全と道路交通安全の向上に活かすとともに、道路利用者に公正な通行料負担を求めることができます。キスラーの走行車両重量計測のポートフォリオには、道路データの解析と校正などの補完的サービスも含まれます。

 

 

交通量データ収集
交通量データ収集

キスラーが開発したWIMシステムのKiTraffic Statisticsは、交通量の監視と最適な交通インフラ整備プランの作成を容易にします。

重量規制
重量規制

KiTraffic Plus WIMシステムは、過積み車両をリアルタイムで自動検出でき、道路交通安全の向上と道路の寿命延長に寄与します。

重量ベースの通行料課金
重量ベースの通行料課金

WIMシステムで実現する重量ベースの通行料課金は、公正なうえ、道路保守のための追加料金収入を生み出します。

産業用トラックの検量
産業用トラックの検量

請求根拠となる貨物積載重量確認のため、およびトラックの車軸に作用する重量または車両の総重量を検量するためのWIMシステム。

キスラーには走行車両重量計測分野で20年にわたる経験があります。
これまでに50以上の国々で5万個を超えるLineas水晶圧電式力センサが設置されました。

ニュース
2018/02/16
At Intertraffic 2018 the Kistler Group is showcasing its comprehensive KiTraffic Weigh In Motion (WIM) solutions, which support road owners and authorities in road and traffic monitoring, weight enforcement and weight-based tolling.
イベント&展示
Za'abeel Halls 1 & 2, Dubai
Gulf Traffic 2018
お問合せ
(max 25 Mb)