ペイロードの振動試験

これらの環境試験のための、軽量の3軸加速度センサ、3成分荷重センサ、などの製品があります。当社のソリューションは、軽量、低アウトガス、低ノイズ、低クロストークを特長としております。

衛星の振動試験などのペイロード試験は世界中で最も慎重に実施される試験の一つです。 ペイロードは、構造を最適化するために、打ち上げ、展開、および長期的な動作安定性を確保するために広範囲に試験を行ないます。

ロケットの打ち上げ時にペイロードが耐えなければならない環境条件をシミュレーションするため、動電型加振機を使用して実際的な動的加振試験が行われます。

 
衛星環境振動テスト –
正弦振動およびランダム振動
(出典:NASA)

ペイロードの振動テストにおいて、衛星を損傷させる恐れのある過剰な振動を防ぐために、フォースリミット試験を実施します。ペイロードとスリップテーブル間の反力を測定することにより、振動をペイロードの共振範囲に収まるようにします。実際の打ち上げでは、構造上のマウントとペイロードの機械インピーダンスが類似しているため、振動はペイロードの共振周波数内に収まります。

技術特徴

宇宙用の構造体は薄くて軽量の材料で作られるため、軽量な加速度センサが必要となります。場合によっては、衛星内にセンサとケーブルを搭載したまま打ち上げられるため、重さがより重要になります。

宇宙環境の高真空レベルにさらされると、材料のアウトガスが起こります。このガスがカメラレンズなどの表面に凝結することで、意図した用途で使用できなくなってしまうことがあります。そのため、弊社の密封型センサと低アウトガスケーブルは、熱真空チャンバで使用したり、衛星内に搭載することもできる仕様になっています。

ペイロード試験のセンサは、非常に低い微小振動から、高振動レベルまで、幅広い環境試験に使用できる必要があります。弊社の製品は低ノイズのため、同じセンサにて使用することができます。

お問合せ
Kistler Japan Co., Ltd.
Sales Representative
利点

軽量な加速度センサによる質量の低減 

弊社のセンサは1つのセンサにて広域を使用できるため、必要な加速度センサのリファレンス数を少なくて済ませることができます 

熱真空チャンバおよび衛星に搭載して使用する場合に優れた互換性を発揮 

3軸荷重センサ用の最適な取付けオプション 

高精度な荷重測定とモーメントの計算

複数の圧電センサのデータ取得に必要なチャンネル数のデータ収集システム

お問合せ
(max 25 Mb)