ジェットエンジン試験

ジェットエンジンの信頼性と安定動作は、安全性の上で極めて重要です。全ての要件を満たしていることを証明するために、ジェットエンジンではいくつかの測定が行われます。

研究開発段階において、最高700 ℃までの高温環境での振動および圧力脈動計測は、ジェットエンジンの運転条件に関する重要な情報を提供します。これは、開発のためのさらなる基礎データをもたらします。

この種の試験は、製造後、また、オーバーホール作業の後にも行なわれます。例えば、年月を経たジェットエンジンでは、エンジンの正常動作を検証するために同じ高温センサが使用されます。

キスラー独自のPiezoStar素子は、極高温圧力センサおよび加速度センサの優れた性能の基礎になっております。各センサは700 ℃を越える温度で試験されています。セラミック素子のセンサと違い、焦電効果およびポップコーン現象の影響を受けません。これにより、信頼性と安定した結果がもたらされます。

内部での接地絶縁はグランドループを効果的に遮断します。同時に、差動設計は電磁干渉ノイズに対して補償します。これにより、より良い信号品質と低ノイズをもたらします。

HALT(High Accelerated Life Testing)にて、過酷な環境下で長期にわたる用途に対して設計されています。

お問合せ
(max 25 Mb)