地上での振動試験、モ-ダル解析、および構造解析

航空機、航空機部品の構造体変化と潜在的な損傷を検出するために、モーダル解析は定期的に行われます。このモーダル解析には、開発段階における音響的、疲労的、機能的観点の振動解析も含まれます。

設計における一つの目標として、固有振動数モードをテストし、機械構造のモーダル特性を特定することがあげられます。地上における振動試験では、妥当なコストで高性能な加速度計が多く必要です。弊社のモーダル加速度計は、5G、10G、50Gの3つの範囲が測定可能で、センサの周波数範囲内で正確な周波数応答および位相応答を提供します。

この種の多チャンネルシステム計測は、技術的要求仕様を満たすのと同時に設置時の取り扱いが簡単であることも重要です。短時間での設置と10年タイムフレームでの信頼性(少ない誤差)が鍵となります。

主な特徴

セラミック素子の加速度センサは、対象物の振る舞いを変えてしまう重い錘とならないので小さい信号の測定が可能です。

モーダル加速度センサは、特に低周波数域に対してフラットで再現性のある周波数応答を特徴としています。また、御要求により低周波域での校正証明書と位相応答の特性を提供しています。

IEEE 1451.4 TEDSは、入力エラーと記録管理作業を最小限に抑えるために、センサパラメータをTEDS対応のアンプに自動的に転送します。

クリップまたはハウジングを用いることでセンサ軸を柔軟に迅速かつ簡単に設置することができます。

お問合せ
Kistler Japan Co., Ltd.
Sales Representative
お問合せ
(max 25 Mb)