飛行振動試験、バフェット試験、フラッタ試験

飛行における構造振動試験を実施することで航空機設計の評価がなされます。多くの飛行試験シナリオで動翼などを含む航空機のあらゆる面での衝撃および振動性能が検証されます。

バフェット試験とフラッタ試験は、新設計認証の手続きにおける重要な段階になります。バフェット試験では、将来的な構造試験要件において実環境を定義するための飛行荷重データを取得します。これらの試験は高周波数が含まれ、構造体や部品への振動に起因する荷重を測定するためにIEPE加速度計が使用されます。

バフェット試験とは対照的に、フラッタ試験は通常、DC応答加速度計を使用します。安全な飛行が確保されるように航空機の空力弾性安定性を検証することが目的です。

主な特徴

PiezoStar素子のIEPE加速度計は、温度が25℃~-55℃でセンサ感度がほぼ同じです。

DC応答加速度計とIEPE加速度計は小型のため限られたスペースへの取り付けが可能です。

アルマイトのセンサ取付け具は接地絶縁を確実にします。これにより、測定信号にノイズが生じるグランドループの問題を回避します。

いくつかのセンサは、ネジ取付け用に設計された取り付け穴があります。これにより、センサを回転させ、所望のケーブル位置や測定軸の向きを出すことができます。

お問合せ
Kistler Japan Co., Ltd.
Sales Representative
お問合せ
(max 25 Mb)