航空機のランディングギアとブレーキテスト

着陸は、脚柱と航空機構造体全部を高レベルの荷重と衝撃にさらすことになります。 ランディングギアとブレーキのメンテナンスは安全性に大きくかかわってきます。動力計の航空機ブレーキテストでは、タキシング、離陸、着陸を含む実際の動作状況をシミュレートします。

航空機のランディングギアの品質試験および疲労試験が実施されます。滑走路への着陸は、ランディングギアにとって最も荷重のかかるケースになります。車輪は瞬時に着陸速度まで加速し、車輪の慣性質量が大きな荷重を発生させます。

実際の試験では、ランディングギアの車輪を着陸速度まで加速し、ランディングギアを落下させて本当の着陸に似た負荷を作り出します。これらの荷重を測定することにより、ランディングギアの設計を検証し、航空機構造に生じる荷重およびモーメントを決めることができます。

主な特徴

お客様の要求に基づく精度と荷重範囲を考慮に入れて設計と校正をしたフォースプレートを提供しています。

高剛性、低クロストーク、優れた直線性により、高い固有振動数と優れた精度を実現できます。

圧電式センサは、広い測定範囲が特長です。1つのセンサで多様なテストや広い荷重範囲をカバーできます。

3成分リファレンス荷重センサ


3成分リファレンス荷重センサによる荷重校正

ランディングギア用動力計


カスタマイズされたランディングギア用動力計

お問合せ
Kistler Japan Co., Ltd.
Sales Representative
お問合せ
(max 25 Mb)