切削力測定による加工工程の効果的な分析と最適化

複雑な形状や難削材の切削加工の場合、加工工程の設計も複雑になります。そこで、加工中に切削力を測定し、加工工程の品質とコスト効率を検証すれば、最適化を図ることも可能です。キスラーの動力計には圧電式技術が採用されており、個々工具の刃先にかかる力まで、非常に高精度な測定を行うことができます。

加工工程の分析・最適化における代表的な用途 

  • 切削加工工程の分析とエラー診断 
  • 加工方法の比較・開発 
  • 好ましくない切削条件の検証 
  • 工具の寿命と生産性に関する余地の検証
  • 材料のロット違いによる影響の検証 

圧電式測定技術がもたらすメリット

  • 高い剛性と高い固有振動数により各刃先にかかる力の分析が可能
  • 3成分の力とモーメントの測定
  • ミクロ切削から重切削まで対応する幅広い測定レンジ
  • 堅牢かつ高い耐油性 (IP67)
  • コンパクトな設計による容易な設置と取扱い性
  • 優れた耐久性

 加工工程

  • 旋削、フライス加工、ドリル、切断、タッピング、ブローチ加工、ホビングなど
  • 研削、ホーニング、研磨など 
お問合せ
Kistler Japan Co., Ltd.
Sales Representative
サービス

Our experts are happy to assist and advise.

「キスラー品質」の純正部品で製品の長期的再利用実現

センサのライフサイクルを通じて正確な計測を実現

お問合せ
(max 25 Mb)